魚と象

f:id:the_deo:20170204100352j:plain

 

 

「あれ見て」

 

 

 

 

「...ここに使われている黒色は」

 

 

 

 

「このモデルの子可愛いよね」

 

 

 

 

 

ある日ふと思った

 

 

 

 

 

 

自分が見ているものの映り方と、他人の見ているものの映り方が違うんじゃないかって

 

 

 

 

 

 

例えば自分が魚に見えるものが、他人にしたら象に見えたり

 

 

 

 

 

 

感性の違いとか、生まれ育ちとか、そういうのじゃなくて、そもそも見え方、色の具合、物質とか根本的に違うじゃないかって

 

 

 

 

 

 

 

確信はないけど、きっとそうだと思う

 

 

 

 

 

 

 

自分が見てる世界で、画期的なアイディアや素晴らしいデザインを生み出してる人は、その違う世界を見る方法を見つけたんじゃないかって

 

 

 

 

 

 

いや、違う国にいって見たことのないものを見るとかそういうんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

宇宙人を見たとか、幽霊を見たとかいう人も多分そうだと思う

 

 

 

 

 

 

世界観とかよく言うけどそもそも他人の世界観なんて自分にしか見えていないから、他人の世界観のように見えて実は自分の世界観なんだ

 

 

 

 

 

 

 毎日ニュースでテロとか戦争、我が子を殺したり人を殺したりとか悲しいニュースを見かける

 

 

 

 

 

 

 

どんなに対策したり、平和のためにとかしても無くなりやしない

 

 

 

 

 

 

 

きっとみんな、見えているものが違うんだ

 

 

 

 

 

 

 

 容姿を気にしたり、人との差に劣等感を感じたり

 

 

 

 

 

 

悩むだけ無駄だってことに気づいていないんだ

 

 

 

 

 

 

自分の作り出した世界への冒瀆だと思う

 

 

 

 

 

 

誰かが言ってた 

 

 

 

 

 

 

「正気を失った者の見る幻想ほど美しいものは、世界のどこにも存在しない」って

 

 

 

 

 

 

確かにそうだと思う

 

 

 

 

 

 

結局みんな孤独なんだ